痛車ステッカー(カーラップシート) 貼付け手順

事前に準備するもの

  1. スキージ(付属品)
  2. ウエス
  3. メジャースケール
  4. 水性ペンもしくは鉛筆(4Bぐらい)

この痛車ステッカー(カーラップシート)は、気泡が抜けやすく、
比較的容易に施工できるフィルムです。
初めて痛車ステッカー(カーラップシート)を施工する方は、大きめのサイズのシートは難易度
が高くなっております。
まずは小さなサイズのものから試してみてはいかがでしょうか?

フィルムの貼付け準備

ボディに付着しているチリ、ホコリ等をウエスなどで清掃。油分・水滴を完全に拭き取ったあと、
貼付け位置をチェックします。

フィルムの貼付け準備

裏紙を剥す

”右側の部分のみ”裏紙を剥し、キッチリと折り返す
※左利きの方は、左側から

キッチリ 折り込む!

圧着(右部のみ)

フィルムの両端を軽く持ち、貼り位置に合わせる

圧着(右部のみ)

圧着

ヘラ等(スキージー)を使って中央から上下に垂直に移動
この時、スキージーは立てずになるべくねかせて移動するのがポイントです

シワにならないようにするだけ!!このフィルムは気泡が簡単に抜けます

和紙(アプリケーション)を剥す

しっかり圧着(押す)を確認し、ゆっくりと180°方向に倒し、和紙(アプリケーション)を丁寧に剥す

完成

和紙(アプリケーション)が付いていない場合…

【1】〜【2】は上記同様、位置決めをして右側から貼り始め、ゆっくりと下紙(ライナー)を剥し、圧着する

和紙(アプリケーション)が付いていない場合…

BACK TOP

当サイトで使用している画像・文章等の無断使用並びに無断転載を禁じます。 Copyright (C) カーラッピング 東京 車ラッピングのLAPPS All Rights Reserved.